運び屋本舗

軽貨物の日常を書いています。

ぶっ刺さっていました

こんにちは。

運び屋本舗でございます。

 

先日、近所の配管設備会社を営んでおられる「S社長」の仕事に、駆り出されました。

要は作業要員の一人です。

 

作業の内容は「ろ過タンクの内部コーティング」のお手伝い。

 

2日間で、25000円を頂けることになり、非常に助かっています。

ありがとうございます。

 

見たくない光景を見てしまった

ここからは軽貨物の話です。

先日タイヤローテーションを無事に終えて、タイヤ廻りを見ていたら右前輪に何か刺さっているのが見えました。

 

近くで見てみると、木ねじが刺さっているではありませんか。

私は悩みました。

 

抜くかそのままにしておくか。

 

抜くとエアーが漏れてきた場合、修理が必要になる。

かといって、そのままにしておいた場合は、いつどこでエアーが漏ってくるか分からない。

 

なので、その場で木ねじを抜くことにしました。

 

刺さっていた木ねじは、長さ5センチはあろうかという物。

当然、エアーが漏ってきました。

 

さあ、どうする?

 

そこで思い出しました

そういえば家に「補修はHolts」で有名なホルツのパンク修理剤があったなぁ。

イギリスの国旗が書かれているあの「ホルツ」です。

 

以前、所有していたV37スカイラインには、スペアタイヤが載っていないので、万が一の時の為に買っておいたのでした。

 

f:id:waran_ya:20211015132017j:plain

ホルツのパンク修理剤。これは手持ちのを使ってしまったので、次回の為に買ったものです。

V37用に持っていたものは、使ってしまったので、軽自動車用を買いました。

 

これがすごいのです。

使い方も非常に簡単。

 

まずはタイヤの空気を抜いてしまいましょう

それでは、パンクが確定したタイヤの空気を抜いてしまいましょう。

 

抜くのは簡単です。

 

刺さっている異物を取り除きましょう。

遠慮はいりません。

今回は、木ねじを抜いたら結構な勢いで、エアーが抜けていきましたね。

 

大体10分も待てば、かなりの量のエアーが抜けるはず。

 

パンクしたタイヤの向きを調節しましょう

パンクの穴の部分を斜め下に来るように、タイヤの向きを(というか角度)を調節しましょう。

 

車を少し移動させて、うまく斜め下45度くらいに穴が来るように調節してください。

 

説明によると、真下はダメみたいなので注意しましょう。

 

パンク修理剤をタイヤのバルブに取り付けましょう

うまく穴の位置が調節出来たら、パンク修理剤のノズルをタイヤのエアーバルブに取り付けましょう。

f:id:waran_ya:20211015133209j:plain

ノズルの先端がエアーバルブに付くように、ねじ式になっています。

写真が少しボケています。

 

ノズルの先端が、そのままねじ込めばエアーバルブに付くようになっているので、力は全く要りません。

 

これをバルブのキャップを外してねじ込みましょう。

 

パンク修理剤の頭のバルブを開けましょう

このパンク修理剤は、缶の頭にバルブが付いています。

これをひねると、中の薬剤が出てきます。

f:id:waran_ya:20211015134141j:plain

赤い部分がバルブです。これをひねると開と閉を切り替えることが出来ます。

間違っても、ノズルをエアーバルブに装着しないでバルブを開けないでください。

 

中の薬剤が勢いよくぶち巻かれます。

 

ノズル自体が透明なので、薬剤が入っていくのが見えます。

 

薬剤の動きが止まるか、中身が無くなるまで入れましょう。

 

その時に缶を逆さにすると、入りが良いようです。

 

車を前後に動かしましょう

薬剤の注入が終わったらバルブをひねって薬剤を止めて、エアーバルブからノズルを外しましょう。

 

それで、タイヤの中に入った薬剤をタイヤの裏側に付けるために、車を動かします。

 

車を前に5メートル位移動させては戻る、という動作を何回か繰り返します。

 

そうするとタイヤの中の気圧が上がり、タイヤが少し膨らんできます。

少し車を走らせます

さて、タイヤが膨らんできたら、3kmくらい車を走らせましょう。

スピードは出す必要はありません。

というか、出さないでください。

今の段階ではエアーの量が足りていませんので。

 

時速30km/hも出てれば大丈夫です。

 

幹線道路よりは、裏路地みたいな道でやるのが良いでしょう。

 

空気圧をチェックする

3km位車を走らせたらエアーをチェックして、規定圧に戻しましょう。

そのままスタンドに行って、エアーの補充をしてもらっても良いですし、自分でできる方は車庫に戻ってエアーの補充を必ずしてください。

 

その時にエアーが漏れていなければ修理は完了です。

 

このパンク修理剤の凄いところ

  • 応急処置ではなく、ちゃんとパンク修理ができる
  • ジャッキアップをする必要が無い
  • ホイールを外す必要もない

 

というところ。

スタンドに修理を依頼すると1本1000円位は取られます。

自分で修理できれば、夜中にパンクしても近くにスタンドが無くても大丈夫。

 

私は過去に、スタンドで給油中に店員さんに、「右後輪がパンクしていますね」と指摘され、そのままパンク修理を依頼したところ、「直りませんでした」と信じられない返事が返ってきたことがあります。

 

そういえば修理中に、ゴムの修理キットを指したり抜いたりしていたんだよな~。

 

多分、修理しているうちにパンクの穴が広がり過ぎたんで、直らなかったのだと思う。

 

外科医だったら、患者は死んでるぞ。

 

パンク修理剤を使うときにあると便利

最後に空気圧の調整をしなければならないので、これがあると超便利です。

f:id:waran_ya:20210504083146j:plain

↑これは、シガーライターから電源を取れる「エアーポンプ」です。

 

これは車用として売られている物なので、タイヤにエアーを補充するときは大変便利です。


何しろ疲れないし、音もうるさくない。

静かではないが、うるさくない。

 

空気圧も指定することが出来て、指定空気圧に達すると自動で止まる。

 

これ、ホントに重宝しています。

過去記事はこちら↓

waran-ya.hatenablog.com

 

パンク修理その後

ホルツでパンク修理をしてから、そのまま仕事をしていますが、何も問題はありません。

空気も抜けないし、タイヤに異変はありません。

非常に快適に仕事をさせてもらってます。

 

こんなに手軽にパンク修理ができるなんて素晴らしすぎる。

 

車に一つ持っておくと、いざと言う時重宝しますよ。

 

では、また。

タイヤのローテーション

こんにちは。

運び屋本舗でございます。

 

私は、ラーメンが大好きです。

麺は固めが好きですね。

 

堅焼きそばも好きですね。

 

なので、ホイールナットも固く締めがちです。

 

では、ローテーションをしましょう

いざ、ローテーションをするべく、ホイールナットにインパクトレンチを当てて、ナットを緩めようとしたら緩まない。

 

緩む気配が無い。

 

インパクトレンチも熱を持つので休み休みやって、何とか2本緩みました。

「なんでこんなに硬いのか?」

簡単に言えば、締めるときに「締めすぎ」の状態になったものと思われます。

 

そうでもなければ、ナットは緩むはずなので。

 

インパクトで締めるとらくちんなので、ついつい締めたくなるんですよね~。

で、締めすぎナットの出来上がり。

原則としてインパクトレンチで締めるのはやめましょうね。

 

緩めるのに便利な工具なので。

締めるのなら、ナットが止まったところでやめること。

しつこく追い締めはやったらいけませんね。

 

最終的にはCRC556先輩を使っても、8本のナットしか緩まずインパクトのバッテリーが切れました。

インパクトご臨終です。

 

作業中にバッテリーが切れるってどんだけ固く締まっているのだ。

最初は壊れたのかと思いました。

バッテリーを充電したら、問題なく作動したので良かった。

 

この時点で2か所のタイヤの入れ替えが完了しています。

 

もう反対側の対角線上のタイヤを入れ替えなければなりません。

さあ、どうしよう。

 

十字レンチの出番です

ここで十字レンチ先生のお力で、何とかもう8本のナットを緩める作戦にでました。

バッテリーが切れるまでインパクトでやったけど、緩まなかったので同じことを再度やっても同じこと。

 

なので、手動アナログ工具(インパクトレンチもアナログだが)の「十字レンチ」を使ってみることに。

 

さすが、十字レンチ先生。

 

人間のパワーさえあれば、いくらでも緩むという便利工具です。

ある意味最強かも知れない。

 

しかし、固って~~~~~な。なんだこれ。

いくら堅麺好きの私でも、ここまで硬いのは好きではない。

合計6本のナットを何とか緩めたものの、今度は私が力尽きました。

 

超疲れた。

 

このまま、ホイールナットをもとに戻して止めちゃおうか。

と、志半ばで心が折れました。

 

救世主現る!

と、そこへ私の隣にハイエースを止めているS社長が来ました。

そうです。配管設備の会社を経営されている、あのS社長です。

 

S社長 :「どうしたの?」と声を掛けてもらいました。

私   :「いや~、ナットが緩まないんですよ」

S社長 :「どれどれ。お~、固いね~。これは凄い。」

 

S社長 :「ちょっと待ってね」

と、ハイエースの中で何やら探し出しました。

 

S社長 :「これで緩むよ」

 

と、ステンレスのパイプを持ってきました。

これを十字レンチに差し込んで延長して、再度チャレンジしたら見事に緩みました。

 

さすが配管のスペシャリスト。

パイプは友達という感じでしょうか。

 

これで、残り2本のナットを緩めて、無事にローテーションを完了させることが出来ました。

いや~、助かった。

S社長、ありがとうございました。

ナットが緩んだ時の音は、何十年も開けていない扉を開けるときと同じ音がしたぞ。

人間とナットは堅ければ良いという物ではない

やはり限度という物がありますね。

ゆるゆるなのも困るけど、締めれば良いという物ではない。

ナットは緩まなければ意味が無い。

 

ナットのトルク管理はとても大事。

 

ボルトやナットを壊さないためや、緩みを防止する意味からもナットは規定トルクで締めましょう。

 

ハブボルト折損なんてことになったら、走れませんので大変です。

DIYで作業をするなら、規定トルクを守りましょう。

壊したら、自力ではどうにもなりませんので。

 

なので買いました。

f:id:waran_ya:20211006111627j:plain

これがトルクレンチです。

そうです。「トルクレンチ」です。

これは、トルクの設定をしておくと規定トルクに達したところで、軽い振動と音で教えてくれるプレセット型。

 

ローテーションでは、十字レンチで割と控えめにナットを締めておきましたが、再度緩めてトルクレンチで締めなおしたところ、それでも締めすぎなのが判明。

 

インターネットでの情報では、軽自動車なら大体90NM~100NMが規定トルクだそう。

普通車で100NM~120NM位。

 

今回は100NMで締めておきました。

最近はトルクレンチも安くなったので、持っていても損はないです。

 

タイヤ交換(例えば夏タイヤから、冬タイヤなど)をする機会は、少なくとも年に2回はあるので、自分でやる方は持っておいたほうが良いですよ。

 

毎回S社長を呼ぶ訳にも行きませんので。

 

人間とナットは堅ければ良いと言う訳ではない(しつこい)という事で、勉強になりました。

 

経費を安くするために、自分でいろいろな作業をするのですが、それが原因で修理費がかさむようなことは避けたい。

 

という事で、ではまた。

 

 

積算距離が6ヶ月で20000km超え

こんにちは。

 

おかげ様で半年で私の車は20000kmを超えました。

 

月換算で3000km超。

 

結構走りますね。

 

それだけ仕事をしているという事でしょうが、お金が伴ってこないのはなぜでしょう?

 

という事で、運び屋本舗でございます。

 

お決まりのオイル交換です

先日、オイル交換をしましたね。

これで4回目になります。

 

4回目にもなれば、勝手も分かっているので簡単です。

 

では、オイル交換をしましょう

まずはオイルを抜きます。

これをやらないと、オイル交換は出来ません。

ドレンボルトを外して、古いオイルを抜いてしましましょう。

f:id:waran_ya:20211006092639j:plain

とりあえず、廃油トレイに古いオイルを出しましょう。

古いオイルが出きったら、ドレンボルトをもとに戻します。眼鏡レンチでグッと押し込む感じで締めておけば大丈夫です。無理に力を掛けるとボルトの頭を舐めてしまったりするので注意しましょう。

 

f:id:waran_ya:20211006092504j:plain

写真の上部に写っている黒い物体がオイルフィルターですね。

そうしたら、今回はフィルターも交換します。オイルフィルターを「フィルターレンチ」で緩めましょう。

 

f:id:waran_ya:20211006092354j:plain

オイルフィルターレンチとオイルフィルターです。

フィルターを外すのに必要な工具です。このフィルターレンチで緩めます。

毎回書いていますが、フィルターを取り付けるときはレンチは使いません。

素手で締めます。

フィルターレンチで締めると締めすぎになり、緩まなくなるのでこれも注意が必要です。

 

モリドライブオイルトリートメント

f:id:waran_ya:20211006091821j:plain

今回はこれも入れてみました

名前だけ見るとなんだか分かりません。

説明によると、

  • パワー&トルクの復活
  • エンジンノイズの低減
  • エンジン内部の保護
  • エンジン内部の洗浄効果

などが謳われています。

値段も600円前後でしたので買ってみました。

 

使い方は、エンジンオイルと一緒に入れるだけ。

その際、エンジンオイルのアッパーレベルを超えないこととなっております。

 

今回はレベルゲージのアッパーレベルちょうどくらいになってしまいましたが、まあ良いです。多少超えていても問題はありません。

 

これで、オイル注入口を忘れずに閉めて、オイル交換は完了です。

 

すべての作業が終了したら、エンジンをかけてみてオイル漏れが無いことを確認します。

 

走行インプレ

今回「オイルトリートメント」なるものを、入れてみたわけですが、走行してみた感じとしては、確かに音は静かになった(気がする)。

 

アクセルを踏んだ感じも、前よりもトルク感は上がっている(気がする)。

以前よりもキックダウンの回数は明らかに減っています。

 

エアコンを掛けていても出足はスムーズになったような気がする。

 

プラシーボ的な感じが拭い切れませんが、効果があると感じられるのは精神衛生上とても良い。

 

値段も安いのでお手軽に試せます。

メーカーとしても効果が無いものを売らないと思いますので、効果があるのは事実でしょう。

 

これでしばらく乗ってみて、平均燃費が上がるのかどうなのか観察してみたいと思います。

 

次回のオイル交換では、もう少し良いのを使ってみたくなりますね。

添加剤の沼にはまりそう。

 

タイヤローテーションもやろうとしましたが、ナットが緩まないのでやめました。

その話は次回。

では、また。

 

 

 

9月の稼働実績

こんにちは。

9月はまあ、働いた割には大したことのない売り上げでしたね。

 

第二請負先が8日間まったく仕事が無かったのが、大きいでしょうね。

 

そんな時でも、スーパーカーゴ様には、助けていただきました。

 

第二請負先の仕事が無い時は、声を掛けておけば必ず仕事を付けて貰えました。

 

単価は安いけど、仕事の量はダントツに多いんでしょうね。

 

と言う訳で、運び屋本舗でございます。

 

9月の稼働はどんな感じだったのかを見ていきましょう。

9月はカーゴの仕事が多かった

9月の稼働を請負先別に見てみます。

  • スーパーカーゴ・・・・・24本
  • 第二請負先・・・・・・・15本
  • 〇谷〇塚・・・・・・・・2本
  • その他・・・・・・・・・1本

という感じでしたね。

合計で、42本

 

カーゴは本数は多いのですが、近距離が多いので単価はハッキリ言って安いです。

第二請負先はどうなのかと言いますと、9月はやはり近距離ばかりでしたね。

なので、やった割には売り上げは伸びませんでした。

 

9月の稼働日数

稼働日数・・・・・・・・・26日

休み・・・・・・・・・・・4日

でした。

 

まあ、これも一日フルで動いた日というのは多分半分くらいでしょうか。

それ以外は、午前中だけ仕事とか、午後だけ仕事とか、もしくは夜だけ仕事とかっていう稼働もありましたね。

 

ここ最近では、休みの日数は一番少なかったですね。

それだけ、仕事が出てきたという感じでしょうか。

 

気になる売り上げ

特に気になっている方もいないとは思いますが、一応書いておきます。

  • スーパーカーゴ・・・・・・105060円
  • 第二請負先・・・・・・・・113460円
  • 〇谷〇塚・・・・・・・・・17500円
  • その他・・・・・・・・・・7500円
  • 合計・・・・・・・・・・・243520円

でした。

ここ最近では、スポット専業での売り上げでは最高売り上げです。

これでも。

 

因みにここ4ヶ月の売り上げは

  • 5月・・・・・・218340円(スーパーカーゴ稼働無し)
  • 6月・・・・・・181940円
  • 7月・・・・・・205320円
  • 8月・・・・・・239665円

※第二請負先とカーゴの合算

 

という感じ。

これでよく暮らしていけるなって感じの数字です。

 

原因としては、第二請負先の大口顧客の消滅が大きいですね。

 

5月までは、そのお客さんとの取引があったのですが、6月からはそのお客さんとの取引がなくなり、その分売り上げが減少したのが原因です。

 

その減少分を、私の場合はカーゴの仕事を請負ことで、穴埋めしようと目論んだ訳です。

 

ところが、どちらが穴埋めなのか分からないような、事態になりましたね。

特に7月・8月はどちらかというと、カーゴがメインで稼働していました。

それで得た教訓として「経費を抑えた方が手元に多くお金が残る」というものでした。

経費を抑えるには、近距離の仕事を数多くこなすこと。

この教訓を得られたのはとても大きいですね。

 

それまでの私は、「とにかく距離の出る仕事を受けないとだめ」という距離至上主義だったのですが、カーゴ様のおかげでその考えが変わりました。

 

近距離でも数をこなせば、立派な売り上げになる。

 

ガソリン代も半分近く減少。

高速代の建て替えもない。

 

今後もこのスタイルを変えるつもりはありません。

 

各社の平均単価

9月の仕事1本あたりの平均単価を見てみましょう。

  • スーパーカーゴ・・・・・・・・4377.5円
  • 第二請負先・・・・・・・・・・7564円
  • 〇谷〇塚・・・・・・・・・・・8750円

という事です。

 

先月の平均では

  • カーゴ・・・・・・・3929円
  • 第二請負先・・・・・8881円

でしたので、簡単に言ってしまうとカーゴの仕事の質が上がり、第二請負先の質が落ちた。という事でしょう。

 

言い換えればカーゴも私に対して、まあまあ良い仕事を振ってくるようになった。

という事でしょうか。

 

10月からの見通し

さて、10月からは新しい仕事が増えます。

2か月くらい前に書いた「S社長」からも仕事の予約を頂けています。

2日間だけ。

 

そういう意味では、まだまだ伸びしろがあると思います。

とにかく、実績を残さないと仕事は貰えませんので。

 

しょぼい仕事しかよこさなくなった、第二請負先の仕事はやや絞っていくことにして、その分カーゴの仕事や、新しい仕事の本数を増やせればと思っております。

ではまた。

 

 

 

横のつながりは大事です

こんにちは。

 

ようやく一回目のワクチン接種をすることが出来ました。

 

本当は、8月くらいに一回目と二回目の予約が取れていたのですが、仕事が入ったのでキャンセルしたんですよ。

 

そうしたら、その後の予約がまぁ取れない。

 

「ワクチン未接種でもいいか」とも思ったんですけど、モデルナのワクチンが入ってきたためか、再び予約が取れるようになり、ようやく本日接種出来たと言う訳です。

 

そんな運び屋本舗でございます。

 

本日で開業1年が経過

そうなんです。

何とか一年過ごすことが出来ました。

ちょうど去年の10月1日付で、軽貨物事業を開業しましたね。

あの頃は、期待に胸を膨らませていたのですが、現実は結構厳しかった。

その頃から宅配はやりたくなかったので、ネットスーパーをやり始めたのですが、それはそれで大変でしたね。

 

まあ、とりあえず軽貨物事業で、1年過ごすことが出来たので良かったです。

 

この一年で得たもの

これはいろいろあります。

ネットスーパーを約2か月間でしたけど、これをやったことによるスキル(大したことは無いが)もそうですし、フードデリバリーを少しやっていましたが、料理をこぼさずに運ぶ方法もそう。

 

そんな中でも、「仕事仲間」が一番得たものとしては大きい。

 

請け負う会社での仕事繋がりで、知り合った諸先輩の方々は、仕事のツボみたいなものを心得ているので、いろんなことを教えてくれます。

 

請負会社から貰える仕事を覚えるには、やはり同じ請負先の仕事をしている仲間は大事です。

 

初めての配送先で、入り方とかがうるさい(特に工場やタワーマンション、大型商業施設など)現場では、仲間の知識が有る無しで配送にかかる時間が大きく変わります。

 

普段から仲良くしてくれているのなら、遠慮なく聞けるし教えてくれる。

 

とてもありがたい存在なのです。

 

一回でも行ったことがあれば、聞かずとも配送は出来ますので良いですけど、最初はやはり手こずることが多い。

 

初見でデパートとかに納品に行く場合は、搬入口を探して受付のやり方を聞き、手続きを済ませ、係の人にお店の場所までの行き方を聞いてお届け。

 

前情報があれば、細かく教えてくれなくても「大体の流れ」が掴めるので、割とスムーズにできます。

 

横のつながりは侮れない

個人事業主なので、基本的には仕事は自分一人でやることが多い。

複数台口の仕事でも、自分のペースで仕事を進めたがる人は多い。

 

そもそも、この仕事をやっているという事は、組織の中に居たくない人が多いです。

悪い言い方をすると、協調性に欠ける人もいます。

 

確かに、その仕事だけを一緒にやるだけの仲なので、深いコミュニケーションは必要ないかも知れません。

 

しかし、そこそこ仲良くなってからの恩恵は大きいのです。

仕事を紹介してくれた

これは、私がスーパーカーゴの仕事もやり始めてからのことですが、現場でよく合うドライバーさんがいます。

 

F田さんという方で、年齢は50前後位。

この方も私と同じフリーランスのドライバーさんです。

 

良く現場で話していて、いろいろ教えてくれる人でした。

 

ある日、「こういう仕事があるけどやってみませんか?」と、中学進学で有名な「〇谷〇塚」の、テスト会場への機材の搬入と引き上げの仕事を紹介してもらいました。

 

土日が多いけど、もともと空白になりがちな曜日でもあるので、そんな日に仕事が入れられるのは大きい。

 

また、第二請負先のS藤さんという、よく車の話で盛り上がるドライバーさんがいます。

 

その人からは、「〇ー〇引っ越しセンター」の仕事を紹介してもらいました。

 

こちらの仕事は、引っ越しの契約をしたお客さんに、資材(段ボールやエアーキャップ、ガムテープなど)を引っ越しの何日か前にお届けする仕事。

 

これは、今月から稼働予定です。

 

なので、そういう細かいところも入れると、私の仕事の受け先は、現在5か所から受注していることになります。

 

なかなか順調ではないか。

 

特に〇ー〇の仕事の方は、定期便もあるらしいので、うまくすれば週何回かで、契約が出来るかも知れない。

 

週2で契約できれば、それだけで10万円は稼げる。

しかも、必ず貰える。

定期便はありがたいね~。

 

という事で、よく見るドライバーさんとは、仲良くなっておくとよいです。

何かのコネに引っかかるかも知れません。

 

私は、今後に繋がる何かを掴んだかも知れないです。

では、また。

 

スーパーカーゴが勢い付いてきた(ような気がする)

こんにちは。

運び屋本舗でございます。

昨日は、丸一日スーパーカーゴ様の仕事で稼働させていただきました。

 

一日で4本もお仕事をいただきました。

おいらを試しているのかしら?

誠にありがとうございます。

 

私の中で、スーパーカーゴ様のお仕事は、「経費が掛からない」という印象があります。

それは、たまたまそうなのかも知れませんが、そう感じるのです。

 

それは、近場の仕事が多いので高速に乗らないし、走行距離も短いので燃料も使いません。

 

そりゃあ経費も掛からんだろう、という事で昨日のお仕事における、経費の合計を昨日の売り上げから引いてみて、いくら残るのかを検証してみたいと思います。

 

昨日の経費を検証してみる

昨日の仕事の内訳を列記してみましょう。

  1. 足立区~豊島区
  2. 葛飾区~八潮市
  3. 足立区~川口市
  4. 足立区~板橋区

という仕事の内容でした。

総走行距離は108kmでした。

 

自宅から近いですね。買い物に行く感覚で仕事をしている感じですね。

2回目と3回目の間は2時間くらい開いたので、うまくいけばもう1本位は出来そう。

 

私の車の平均燃費は13km/ℓ位なので

108km÷13 = 約8.4

となり、使ったガソリンは8.4リットルとなります。

 

現在、レギュラーガソリンの価格は、おおよそ150円位なので

8.4×150 = 1260円

のガソリン代が掛かりました。

 

因みに昨日の売り上げの合計は11640円でしたので、

11640円ー1260円 = 10380円

手取りで10380円でした。

 

これが、安いかどうかは置いといて、手元に1万円以上が残りました。

計算上は。

この日の経費は、稼いだ金額のおおよそ1/10。

結構いい感じですね。

 

以前にも書きましたけど、第二委託先の仕事ではなかなかここまでは、残すことが難しい。

難しいというか、総走行距離が長いことが多いので、次に日の為に給油することになります。

 

が、しかし昨日の仕事では8リットル強しか、燃料を使っていないので次の日も給油することなく仕事ができますね。

途中で給油する事になるかも知れませんが、現在はまだ、燃料計の2/3位の燃料が残っています。

 

そうすると、月の給油回数が減るので、経費はもっと安くなる。

高速代の建て替えもないので、カードの支払いは劇的に安くなると言う訳です。

 

第二請負先はというと

最近の第二請負先は、大きい取引先を失ったという話を知人から聞きました。

なるほど、だから最近はあの仕事が来ないのかと、妙に納得した。

あの仕事とは、会社名は書けないけど「ペットの移送」です。

 

ブリーダーさんのお宅から引き取って空港から発送したり、空港から引き取って里親さんのお宅や、動物病院までの移送の仕事です。

 

この仕事は、それなりに距離が出やすくて単価もよかったので実に残念。

 

この仕事が無くなったので、稼ぎづらくなったのは事実。

しかし、4千円の仕事が多いとはいえ、その仕事も2回やれば8千円だし、3回やれば1万2千円である。

 

しかしそこまでの仕事の数が無いのでしょう。

 

だから、一人に付き4千円の仕事が一回だけ、という事になっているのですね。

他のドライバーにも聞いてみたけどそんな感じらしい。

 

それじゃあ、稼げない訳だよね。

 

月曜日はそんな第二委託先の仕事を2本いただいております。

両方とも4千円の仕事です。

  1. 世田谷区~板橋区
  2. 江東区千代田区

という内訳。

同じ会社の仕事をしている私の知人は

  • 品川区~渋谷区

の仕事だけらしい。

 

つまり品川区まで空車で走り、渋谷終了後に自宅まで空車で走るという事。

実車距離なんて10km位だろう。

最悪だ。

 

いや、同じ実車距離が10kmでも、自宅近くで集荷できるのなら全然いいよ。

4千円の仕事をするために、品川区までの20km前後を空車で走るのもねぇ。

渋谷区で終わってから、やはり20km前後を空車で戻るんだよね。

 

この後に近くから仕事が出ればいいけどね。

 

以前あったのは、池袋で終わったので自宅近くまで戻ってきたところで

「品川に行けませんか?」と来たことがあった。

何処へ配送するのかと思えば、行先は川崎。

 

ちけ~なおい。

もっと早く言ってくれれば、というか他にもっと近くにドライバー居ませんか?

と言いたい。

その時は断りました。

元受けの配車係の能力で明暗が分かれる

なんでもかんでも、誰でもいいから仕事を振れば良いという物でもない気がしますがね。

 

それだけ燃料を無駄にしがちな仕事の振り方も、問題だ。

 

その点はスーパーカーゴは非常によく考えられている。

自宅の近くの拠点への登録制なので、その拠点が基本的には配車を出す。

必然的に集荷場所は近くなり、無駄に走る距離が短くなる。

 

配車する側の能力で、個人事業主は余計な負担を被る場合もあるのです。

 

ではまた。

 

 

水垢落としをしました

こんにちは。

開業一年目にして、ようやく先行きが見えてくるようになりましたね。

今までは、月の売り上げがどのくらいなら、生活していけるのかがいまいち分かりませんでした。

 

が、最近は断捨離を重ねたこともあり、スーパーカーゴ様の持ち出しが少ない仕事を数多く請け負うことにより、だいぶ支払いが少なくなりました。

 

いや~よかった。

運び屋本舗でございます。

 

私の知り合いの軽貨物ドライバーは、週1~週2の頻度で名古屋に行っております。

もちろん仕事で。

その方曰く、「一か月の支払いが、燃料代と高速代の建て替えで、20万円位払っている」とのこと。

 

すげーな。おいらじゃ完全にパンクしますよ。

とてもじゃないけど払えない。

いや、それなりに安定して、名古屋の仕事が来れば払えるけど、その仕事が一か月来なくて久しぶりに再開したとしたら、ある程度の資金が無いと払えなくなる。

 

その人曰く、「一度このサイクルになったら、やり続けないと回っていかない」んだそう。

 

でしょうね。そのサイクルが崩れれば、入金の金額も減るでしょう。

しかし、支払いは月々決まってやってきます。

 

この業界は支払いは翌月、入金は翌々月なのでタイミングが計りずらいです。

 

と言う訳で水垢落としをしました

私の車も、もうすぐ2万kmの距離に達しようとしています。

購入してからまだ半年ですけどね。

という事は、年4万kmを走るという事か。

すごいね。

 

これはますます、スーパーカーゴ様の仕事をやって行かないと、車のダメージも凄いことになりそう。

 

閑話休題

 

今日は祭日で、仕事もありませんので水垢落としをします。

 

 

私が使っているのはこれ。

リンレイの水垢落としクリーナー。

これは安い割に、結構落ちますよ。

 

使い方など

ざっくり説明を読むと「洗車したのち、水分をふき取り本材を薄く塗り広げ、乾いたら柔らかい布などでふき取る」と書かれております。

では、やってみましょう。

 

f:id:waran_ya:20210923112334j:plain

バンパーが結構な水垢でおおわれています。これ、洗車直後です。

f:id:waran_ya:20210923112646j:plain

画像の真ん中辺が、水垢落としを使った所です。

結構よく落ちますね。コレ。

下の画像の真ん中辺が水垢落としを使って磨いたところです。

 

貨物車なんかは、特にバンパーがウレタンなので、水垢が付きやすい。

塗装なんかもしてあるけど、鉄板のところに比べるとチャちい。

 

この日は良く晴れていて、水垢落としを塗った直後には乾いている状態。

乾くのを待って柔らかい布で拭けと、説明には書いてあるけど拭いても取れない。

 

良く乾きすぎる。

 

暑い日は塗ったらふき取るくらいでちょうどいい

この日は秋口とは言え、なかなかの気温。

普通に日向にいたら、すぐに汗ばんでくる。

このような日は、スポンジに取って数回擦ったらすぐに布で拭きとるくらいがちょうどいい。

 

そうしないと、よく乾きすぎて拭きムラになりやすい。

 

良く落ちるのは良いけど、ムラになるのではかえって汚く見えてしまう。

 

なので片手にスポンジ、片手に布を持って擦ったらすぐに拭き取るというのを繰り返す。

そうすると、拭きムラになりにくいようです。

 

リアバンパーと、フロントバンパーをやりましたが、結構きれいになりました。

軽自動車ってバンパーが安っちぃから、バンパーをきれいにするだけでも、見栄えが良くなります。

 

特に白はその傾向が強い。

 

水垢落としをやっていると、飛び石の傷も目につきますね。

 

どうしても、高速走行もそれなりにあるので、しょうがないですけどね。

自分が思っていたよりも多かったので驚きました。

 

これも勲章です。

日ごろ頑張ってくれている訳です。

これからも宜しくね。

ではまた。